曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

【日産】エルグランドが売れないワケはそうじゃない

headlines.yahoo.co.jp

セレナ乗りから言わせてもらうと、アルファードヴェルファイアもさっぱり「元気がよい」という意味がわからない。正直、今の外観はやりすぎだと思うし、アル/ヴェルを買うのは室内空間と豪華さ(実際に豪華かどうかは不問、あくまで豪華”さ”)だろうと思う。

一方のエルグランドは、何回か外観のマイチェンが施されていて、別に今のフロントフェイスは嫌いじゃない。むしろアル/ヴェルよりよっぽどいい。けれど、室内高の低さがネックで、下級のセレナより狭く(特に3列目)感じ、荷物も積めないとなるとセールスポイントは低床による走り部分しかなくなる。今はミニバンにそういった「走り」を求める層が少ないので、室内空間で勝るアル/ヴェルに向いているだけ。

日産はトヨタのような豪華さを演出する装飾関係が昔からヘタだけど、それはそれでいいと思う。今最も求めらているのは「実用性」なのだから、パクりでもサイズをアル/ヴェルに合わせて、今のようなフロントフェイスでならば、現状よりかは対抗できた気がする。低床はホンダのオデッセイに任せて、初代、2代目のような背高にしてほしい。

それと営業マンの差だなんて、何を言ってるんだか。日産の営業マンだってがんばってます。でもラインナップがトヨタより少ないのはどうあがいてもハンデがあるし、上層部の方針に営業マンはどうすることもできない。そもそもエルグランドに訴求ポイントが失われたのだから、営業マンも自信を持って積極的に推す理由がない。いろんな社会問題を抱えた日産でも、話を聞いているとやっぱりコアなファンは年配を中心にいて、応援しているようだ。私はコアなファンではないけれど、セレナの魅力には納得の上で乗っているし、資金と魅力があればエルグランドだって乗ってみたい一台なのだから。