曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

NBAレギュラーシーズン終了時点でのプレイオフ1回戦予想

先ほどWOWOWで放送されていたクリッパーズレイカーズをもってNBA2017-18レギュラーシーズンの全日程が終了。最終順位が確定したので、番組でも早速プレイオフの対戦カード、トーナメント表が映し出され、出演者もいろいろな予想コメントをしていた。ここからが真のヤマ場と言ってもよいので、その気持ち、よくわかります。

では、プレイオフ1回戦のカードと現時点での予想を。

イースタン・カンファレンス

1位 ラプターズ vs. 8位 ウィザーズ

ウィザーズはJ.ウォール復帰後もまだ本調子のようではない。ラプターズは驚異的なプレイも絶対的存在もいないと言えばいないのだが、手堅く勝ってくるような気がする。意外と3pを多投するプレイスタイルがいつもどおり決まればあっさり抜け出しそう。ウィザーズのウォール&ビールが確変したとしても、今のラプターズにはちょっと苦しいか。ただS.イバカのテクニカル→退場などが起こったりなど、出場できなくなる顔ぶれ次第ではもつれる可能性もあるかもしれない。

2位 セルティックス vs. 7位 バックス

 セルティックスはK.アービングの全休が決まっていて、G.ヘイワードも出てくることはない。ディフェンスでこらえたいが、得点がほしい時に取れなさそうな気がする。当然G.アデトクンボがキーとなるがK.ミドルトンも安定しE.ブレッドソーも加えたオフェンスは魅力であるが、一時に比べてアデトクンボの調子が最近上がってこないのが気になるところ。それでもバックスがアップセットを起こしそうな気がする。

3位 シクサーズ vs. 6位 ヒート

シーズン終盤を16連勝で飾ったシクサーズは、J.エンビートが戻ってくることを考えれば驚異。ヒートはシーズン序盤から中盤で思いがけない好成績を上げ驚かせたけれども、ヤングスター達を擁する今のシクサーズにはあっさり負けそうな予感。それでもシクサーズに穴がないかと言えば、やはり経験不足。コントロールできなくなったとき、苦しくなった時に持ちこたえられる要素があれば、すんなり勝ち抜くのではないか。

4位 キャバリアーズ vs. 5位 ペイサーズ

WOWOWでも言っていたが例え4位のポジションでもL.ジェームズの存在は特異。いるかいないかで大きく左右する。MIP筆頭候補のV.オラティボをもってしてもプレイオフでは限界がきそう。個人的にはここでキャブスを叩いて欲しいのだけども、順位通りの結果が出ると思う。M.ターナーがさらに覚醒してくれたら頼りになるのだけれども。

ウェスタンカンファレンス

1位 ロケッツ vs. 8位 ティンバーウルブズ

J.バトラーがケガから戻ってきて、K.A.タウンズ、A.ウィギンズとのタレントで1位に挑むが、ロケッツの壁は高い。J.ハーデンにトラブルが無い限りは順当。その中でもC.カペラとタウンズのマッチアップでどちらがアドバンテージを得るかも面白い。ロケッツはアウトサイド主体で確率が落ちた時に、いかにオフェンスバリエが出せるか。ここでもたもたしているようだと、勝ち上がってもしんどさが増すばかり。

2位 ウォリアーズ vs. 7位 スパーズ

それぞれS.カリーとK.レナードが不在のまま迎える。スパーズはL.オルドリッジの出来と若いD.マレーの活躍が必須。ベンチからM.ジノビリとT.パーカーが出てくるが、精神安定剤以上の活躍を求めるのは酷か。一方、ウォリアーズはK.デュラント、K.トンプソンがファーストオプションになるが、シーズン終盤あたりからベンチが薄く感じ始めたのが更にマイナス要素。カリーの穴を残りのメンバーで埋めるのは気持ちの問題のような気もするが、最近のウォリアーズの戦いぶりで判断すると、意外ともつれるカードかも。

3位 ブレイザーズ vs. 6位 ペリカン

正直ブレイザーズと言われれば、真っ先にD.リラードとC.J.マッカラムの2人しか名前が出てこないぐらいだが、J.ヌルキッチやE.デイビスなど伏兵も多数存在。好調を維持するリラードがプレイオフに来て失速することは、彼の性格からしても考えにくい。ペリカンズはR.ロンドが復活してきているのが好材料。D.カズンズがいなくてもA.デイビスが引っ張り、ロンドとの"ニューオリンズ版ロブシティ"が多く見られ、点の取り合いになりそう。唯一A.デイビスが過去ケガがちなのが不安材料で、もしこのカード対戦中に負傷となれば一気にブレイザーズに傾く。健康であればペリカンズはいいところまでもつれて、アップセットも可能。

4位 サンダー vs. 5位 ジャズ

 R.ウェストブルック、P.ジョージ、C.アンソニーBIG3がプレイオフに登場。その姿を待ちわびていたファンも多いハズ。実はもはやウェストブルックのチームではあるが、セカンドサードオプションに彼らがいるのは手強い。シーズン中盤に崩壊しかけたケミストリーも最後はそれぞれ役割を再認識してプレイオフに入ったので、4位ながらも面白い存在である。ジャズは本当に派手さはないが、彗星ルーキーD.ミッチェルのGoToGuyぶりと、R.ゴベールの高さ、D.フェイバーズの縁の下-で得点を重ね、確実性が高い。R.ルビオのファンタスティックさはウルブズ時代と比べまるくなってしまったが、PGとして遜色はなく、ウェストブルックから始まるアップテンポな展開についていけるかが鍵になりそう。ミッチェルがここでも驚異を与えることができればサプライズとなるが、S.アダムスやC.ブリューワーが伏兵で存在感を見せ、総合力でサンダーか。