曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

マタハラなわけない

headlines.yahoo.co.jp

マタハラが存在しないわけではない。でもこれは看護師側が確信犯だと言わざるを得ない。なぜか?同様のケースが身近であったから。採用選考の面接時には妊娠(の可能性も含む)の「に」の字も見せなかったのに、採用決定後に堂々と「妊娠中です。産休取れますよね?」と権利を振りかざすから。そんで労基署をチラつかせるから。現場担当者は「どうしても欲しい人材であれば、予めきちんと申告してもらっていれば、採用時期をずらしたり、付設保育所入所調整など産後の早期復帰支援を考慮する」とまで言う。なのに妊娠や今後妊娠予定があることをを隠して採用面接を受けるのだから、採用後に発覚すれば採用取り消しか契約期間満了を待たずして切りたいと思う。そりゃ確かに出産には費用もかかるし、その後も含めて労働環境を確保しておきたいであろう。でもマナー違反以前に、わがままとしか思ってもらえない。仮に有能であったとしても、雇いたいとは思わない。妊娠が悪ではない。でも正直に言って欲しい。それで不採用になるかもしれないが、今の世の中では両立はまだ困難だ。別に白須賀議員を擁護するわけでもないが、発言してしまった気持ちはよくわかる。