曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

【日産】セレナ e-POWER ついに…

news.mynavi.jp

そう言われれば、昨年末あたりにディーラーに行ったとき、担当営業マンから、
「セレナにe-POWER搭載車が近々出ます」
という話を聞いたっけ。

ノートで話題になったe-POWERを人気車種セレナに搭載するにあたり、
 私「それはまた売れるんじゃないですか?」
 営業「それがね…」
と、苦虫を噛み潰したような反応でした。

細かいスペックなどは引用元のサイト他の各レビュー記事を見てもらうとして、何がスッキリしないのでしょうか。

 

それは、e-POWERがミニバンに通用するのか?

ということだそうです。

予想外に売れたNOTE e-POWERですが、それをチューンアップしてセレナに載せるわけですが、コンパクトカーとミドルサイズとはいえミニバン。重量からしてかなりのハンデがあります。しかもセレナは8人乗りですから、車重に加えて最大大人8人の体重がプラスされるわけで、動かすだけでもそれ相当のパワーが必要であることは明確です。

 

「正直、燃費もそこまで良くないです。」
とヒソヒソ声で話してきたので、カタログ値は例のごとく参考にならない、いや参考程度に考えていたほうがよいとのことです。

 

2台目リーフが出た時も、「駐車する時に、ボタン一つでクルマが空きスペースを探して、自動操作してくれるんですが、これには感動しました!」と紹介しつつも、「でもねー、フル充電からの航続距離も実測では目を見張る改良はされていなくて、結局エアコンがフル稼働する夏場なんかは、みるみるうちに航続可能距離メーターが減っていくんです…。詐欺かと(苦笑)」と、普段から自社のクルマをベタ褒めしない彼が言うのですから、一応そうなのかな?と聞いています。

まぁ、電気自動車の場合、動力は電気ですから、エアコンなどの電気系部品が電力を奪えば、その分走行に回る電気が減るわけですから、当然といえば当然です。

 

セレナe-POWERに話を戻すと、エンジンはノートの1.2Lを使い、モーターはリーフのチューンアップ版というところがミソで、果たしてセレナをガソリン車以上に快適に動かせるのか? モーター部分のコスパはどうなのかというところが気になります。

 

私はCC25型末期のセレナに乗っていますが、C26型が出ることがわかった上で購入していますので、C26型にはまったく惹かれませんでした。ビッグマイナーチェンジ前のあのフロントフェイスと、まるでメガネかラクダのコブのようなインパネ周りがイヤだったので…。でもマイチェン後のヘッドライトの意匠変更は良かったなと思えました。

現行C27はインパネ関係はいいなぁと思いますが、リアの形状がまた好みに合わず、「あれからのセレナはなんだかちょっと違うんだよなぁ…」と思い続けてはや数年。

 

C27のセールスポイントもデザインよりかは、リアガラスハッチだとか片足をかざすだけで開くオートスライドドアなんかのギミックにセールスポイントがあるようです(前述の営業談)ので、ママ向けの商談が主になっていそうです。今回はそこにe-POWERが加算された形になりますね。

 

さて、C28を待ってみますか…。