曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

思い出のバスケグッズ

ネットでいろいろ検索していると、たまに思いもよらないものが引っかかったりするのですが、今回は懐かしのバスケグッズのお話。私が中学~高校で部活に勤しんでいた時期に買ったもの、使っていたもの、思い入れのあったものをいくつか思い出してみたくなりました。

コンバース CONS Hi

中1でバスケ部に入って最初に買ったバッシュ。たぶんこんな名前。右も左もわからず、ただ3年生の先輩が履いていたというだけで真似して買ったんだと思います。当時はラリー・バードとマジック・ジョンソンの最盛期をちょっと過ぎた時代。コンバースを履いている人は結構多かったのです。しかし、買ってすぐに飽きたのかダサく感じたのか覚えていませんが、早々に履き替えました。そして外靴用に…。後にも先にもコンバースを履いたのはこのときだけでした。

アシックス ラディカルα

これは1つ上の先輩、しかもキャプテンが履いていたと記憶しています。コンズを離れて、おそらく私はナイキではなくアシックスに動いたのではないかと。このラディカルαは地味なのになぜか履いていた人の影響で上手く見えました。ちなみに最初のαゲル搭載モデルのようですね。欲しくて探したものの、もう売ってなくて、違うアシックスのを買ったと思います。そのモデル名は失念しました。ごくシンプルですが、ジャパンやポイントゲッターではなく、今のゲルフープのような感じだったと思います。

デサント FIVE SPIRITS

これは今はもうバスケから撤退しているデサントが、バスケ関連のブランドとして展開していた名称です。私はタオルか何かを持っていたように思います。デサントはまだユニフォームも作っていて、全日本のスポンサーになっていたはずです。結構デフォルメチックなデザインが印象的でした。

チャンピオンプロダクツ ハイソックス

ハイソックス全盛期の当時、皆ヒザ下までの白ベースのソックスを履いていましてね。そんな中、アシックスの4本ラインがワンポイントに施されたものもありましたが、なんだかバレーボール用に見え、チャンピオンプロダクツ(現チャンピオン)の文字が両サイドに筆記体でバーンとプリントされたハイソックスが人気でした。今のように"C"マークだけや"Champion"という表記ではなく、"Champion Products"と長めに入っているのがミソでした。何せNBAのユニフォームサプライヤーでしたから、結構感化されました。

ナイキ エアジョーダンV

初めてのナイキ…だったかなと思います。漫画「スラムダンク」然り、高校に入ったときに多少なりとも影響されて買った(買ってみたという表現が適当かも)のですが、実は当時からアンチ・ジョーダン派でして、贔屓の元祖アイザイア・トーマスが履いていたアシックスはそのモデルが無かったのもあって入手。しかし、カッコつけみたいに思われるのと、「自分は履くに相応しくない」という理由で友達に転売。親友も同時期に履いていましたが、彼は似合っていました。

ナイキ エアフライト ライト

エアジョーダンVを手放し、オーソドックスに行こうと考えて買ったのが、エアフライトライト。きっとドリームチームの影響ではありますが、ピッペンあたりが履いていたのかな。文字通り軽かった(当時では)のを覚えています。

ナイキ エアバウンド

今でこそスプラッシュブラザーズ&KDのいるゴールデンステイト・ウォリアーズが人気ですが、90年台はRUN TMCなる、ティム・ハーダウェイ、ミッチ・リッチモンド、クリス・マリンを擁するファストブレイクスタイルのウォリアーズに感化され、アイバーソンの前の世代のキラークロスオーバー使いのティム・ハーダウェイが履いていました。そして、黒ベースに白のナイキマークが渋く見えて、こぞって探しました。初めてのローカットでしたね。あまり履いている期間がなく、すぐに外靴として下ろしました。

ナイキ エアソロフライト

この白と黒の半々の色使いもバッシュも買うには買ったのですが、いかんせん造りがイマイチですぐに外バスケ専用になりました。高校の部活は、放課後週に2日しか体育館が使えず(うち1日は朝練)、それ以外は土グラウンドでの練習でしたので、外用の消耗のほうが激しかったです。

ナイキ エアバリスティックフォース

初めてのフォースシリーズでした。デビッド・ロビンソンが履いていて、珍しいところではB.J.アームストロングがわざとヒモを途中までしか通さずに履き、「ハイカットをこうして履くのがB.J.流さ」というコメントを読んだ記憶が。これも黒×白を買いましたが、体格の割にシューターだったので、「これはセンターが履くやつやん」と飽きてどうにかしたはずです…。

アシックス ゲルスポットライトMT

アイザイア・トーマスのモデルが遂にアシックスから市販され、ここぞとばかりに買いました。しかし海外モデル扱いのためか、他のアシックスバッシュよりも重く、履き心地は最悪。自己満足で履き続けようと思いましたが、あまりの重さに断念。色もピストンズカラーはなくライム系だったので目立って仕方なかったです。残念。

アシックス ゲルスカイライトMT

ゲルスポットライトの後継モデル。アシックスも反省したのか打って変わって軽量化されました。そして黒×白カラーもありました。でも逆にバッシュっぽくなくなって、例えればまるでランニングシューズのようでした。ただただ、大好きなアイザイアが履いているというだけで買ってしまう…。部活での感触はあんまり覚えていません。そしていつしかアイザイアも引退。ちなみにNBAでアシックス契約の後継は当時ワシントン・ブレッツ所属のカルバート・チェイニーでしたが、鳴かず飛ばずでアシックスもNBAから撤退。

ナイキ エアマエストロ2

おそらく高校最後の試合はこれを履いて引退したのではなかろうか。シカゴ・ブルズよろしく、最後は部員みんな(何人かは翻しましたが)でメーカーは違えど黒×白にそろえて臨もうと。これの赤×白はスコティー・ピッペンがオールスター履いて目立っていました。今では赤のバッシュを履いたぐらいでは、全然目立ちませんもんね。

アディダス エキップメント

もともとアディダスは日本ではデサントと提携していた時期で、アパレルはデサントアディダスブランドで作っていたと思います。そんな中、バスケ界でアディダスが展開していたのが、エキップメントシリーズ。もちろんシューズもありました。チームメイトにアディダス一筋のヤツがいて(前述の黒×白で揃えなかった人間)、こだわっていたようです。ちなみに彼はカール・マローンのファンで、L.A.ギアからマローンモデルのカタパルトが出たときは履いていました。

リーボック オムニゾーン

その昔、スラムダンクコンテストでボストン・セルティックスのディー・ブラウンが目隠しダンクを披露したときに履いていたのがこれ。例のシュータン部分にあったポンプにエアをシュッシュッと注入するやつですね。物珍しさで買いましたが、これもすぐに飽きて友達に転売しました。何で買ったんだろう?と思わざるをえないバッシュ…。

 

番外編

ナイキ エアフォースマックス CB

高校を卒業し、1年の浪人を経て大学に進学。2年ほど高校の同級生と1年後輩でクラブチームを結成したときに履いていた(と思う)バッシュ。現役時代は3Pシューターだったのでほぼマックスエア搭載モデルなんて履くことはなかったのですが、体重が増え、リバウンドの面白さに気づいたのもこの時期で、体格的にもチャールズ・バークレーに近いなと感じて購入。しかしフライトに比べて当たり前ですが重めだったのと結構早く壊れたのかな?ということであまり印象にないバッシュでした。でもそんなに悪くはなかったと思います。

アシックス ゲルハウル

なんかナイキばかりになってしまっていて、もう頻繁にバスケをすることもないし、「本気ならアシックス」ではないけど、真面目に…と思い、黒×ゴールドのこのバッシュを買ってみました。今思えば、なぜにゴールド?と思うモデル。本当にどうして選んだのか謎です。

アシックス ゲルバーストSP Ⅳ

さすがにゴールドのラインに辟易してしまったのか、結構ゲルハウルのアシックス4本ラインが主張していたので、ゲルバーストSP Ⅳを買ったのだとおもいます。これはアシックスラインがうっすらとわかるようなデザインでした。安売りで買ったことは覚えているのですが、履くと片方から時々キシキシと音がしていたので、どこかプラスチック素材の軋みがあったのかもしれません。本当にアシックスは4本線さえ無ければと思うのですが、社是なので仕方ないですね。逆に小さくマーキングしてあってもそれはそれで余計にダサく感じるのですが。

アディダス C-Billups

アイザイア・トーマス時代以来優勝したデトロイト・ピストンズのチャウンシー・ビラップスのシグニチャーモデル。何せビラップスが好きだったので、その活躍に見合ってこれだけアディダスシグニチャーモデルを出しました。アディダスのバッシュは初めてでしたが、横幅が若干キツく、うーんとなったバッシュ。草バスケで1~2度履いただけでした。

アディダス アディゼロバッシュ

アディダスが日本人向けに作ったアディゼロシリーズの走り。特に好きだったわけではなく、C-Billupsで狭かった横幅が日本人向けラストなら改善されているだろうと思って買いました。しかも黒×イエローでして、イメージは当時インディアナ・ペイサーズのデイビッド・ウエスト。ウエストはナイキに行ったりアディダスに行ったりするのですが(別に契約しているわけではない)。これはネットで28.5cmしかなかったので、いつもよりワンサイズ上でした。底がイエローだったので私的には冒険したモデルです。