曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

酒の遍歴を振り返ってみる

私、20歳を超えてからもお酒の席と縁がほとんどなかったんですね。

と言うのも、自分から避けていたということもありますが、お酒の旨さがわからなかったんです。よく聞かれる「ビールって苦いだけやん。」とも思ってましたし。(でもコーヒーの苦味は小学校高学年から嗜んでいましたが)

すぐ赤ら顔になり、体質的に弱かったのでしょう。両親も下戸で、実家で育てられていたときも、毎晩晩酌という風景を見たことがなく、冷蔵庫にいつもビールが常駐していることもなかったので、お酒に関しては完全無知でした。

 

なので、大学生になってもコンパでワイワイということもなく、社会人になっても完全に人の出入りによる歓送迎会ぐらいしか参加したことがないです。

それでも乾杯の定番ビールについては、20代後半で慣れた感があって、多少は飲めるようになりました。

 

それまでは何故か覚えていませんがカクテル一択。しかも洒落たバーとかではなく、普通の居酒屋や宴会場などのお店でです。

それはグレープフルーツ好きなのもあったのですが、ソルティードッグぐらいしかカクテルの種類を知らなかったから(苦笑)。

ソルティードッグ知ってます? 少しちゃんとしたお店だとグラスの縁に塩をトッピング(という言い方もどうか?)されて正式な飲み方で出てきます。

 

いやいや、カクテルを覚える前にチューハイだろう? しかも飲みやすいし。

 

と気づくのが遅れました。

それまでの飲み会で、ビールに飽きた(というか苦手で飲めないので、乾杯の1杯目だけ社交辞令でのパターン)人がチューハイに移るのですが、これは比較的わかりやすい。◯◯サワーの場合もありますね。

これはカルピスだのウーロンだの、ソフトドリンクで見た名前がついてるので、ある程度味の想像ができます。

ただ、チューハイが焼酎ハイボールの略語というのがわからないまま時は過ぎていました。単にビールとは違って「甘いor酸っぱい=飲みやすい」という感覚です。

まぁ大衆的な居酒屋でひとりカクテルを頼んでいるっていうのは、場的にも浮きますよね。そういうシーンでの酒じゃないのかもしれませんが。

まぁ、ここら辺りまでがお酒に強くない人のあるあるパターンかと思われます。

 

私が社会人になってのとある歓送迎会でのこと、年上のおっさんに日本酒を半強制的に継がれたのが、日本酒デビューのきっかけでした。

こういう人、年配の方に多いですよね。おちょこなので、すぐ勧めてくる人。

お酒素人にとって、日本酒はハードル高めなのを知ってか知らずか、「まぁまぁ」とか言いながら飲ませてくるパターンです。

まさしく「日本」酒なので、古来より酒の席での振る舞い、注ぎ合いの精神が凝縮されている酒ですので、権力(といっても個人のごく小さな)の象徴みたいなイメージがあります。

いやいや、「毎年正月に『おとそ』と称して飲んでいるじゃないか!」って?

あれが日本酒だとは気づかずに生きてきました。単にマズい液体をなぜ元日に飲むのか?

しかし、この席で飲んだ日本酒は妙に美味いと感じたのを覚えています。

もともと自分は甘いお酒よりも、酸味の効いた方が好みなのですが(かと言って辛口すぎるのも苦手)、この一口が自分の中で絶妙なバランスだったんですね。

調子乗っておかわりを繰り返した結果、初めて千鳥足をいうものを経験し、当時新婚だった私は、なんとか自宅まで帰宅し、玄関のドアを開けてそのまま倒れ込みました。

後にも先にもこんなことはこのときだけです。恐るべし日本酒。

ちなみに私、酒を飲みながら白ご飯も普通に食べられるますので、同じ米でできている日本酒は案外合っているのかもしれません。

 

梅酒にハマった時期がありまして、文字通り梅を日本酒で割ったものなんですが、日本酒そのものではやはりアルコール度数と口当たりが慣れず、酸味好きとしてはビール→梅酒の流れで過ごした30代。

しかし梅酒の「酒」が、日本酒ではなく焼酎だとは気づかずにいた私…。

でも「梅酒」と書かれるとなんとなく日本酒の派生みたいな感じがしますよね?

この頃はビールの後には他にレモンチューハイ、ゆずチューハイ、青りんごチューハイ等に変えるパターンでしたね。

もちろん自分好みの風味だったのもありますが、なんとなく周囲に「俺はビール以外もイケるんだぞ」感を出す虚勢を張るためです。

 

40代になり、会社とは違う集まりで知り合いができ、そこの飲み会に参加することが増えました。

当初はその飲み会にも消極的だったのですが、「いやいやこの歳にもなって、断ってばかりではいかんだろう」と発起し、徐々に回数が増えていって現在に至るのですが、最初はやはり、酒素人の名残からかビールばかり飲んでいたので、周囲に「あの人はビール好き」というレッテルを貼られたぐらいです。

 いやいや待て、これ本意ではない。

この飲み会は、2軒目、3軒目と行くことがザラだったので、流石にビールばかり飲んでいては飽きるし、梅酒やチューハイだけのレパートリーでは自分も飽きてくるのです。

しかも翌朝ツラくなってきたので、「どうやら焼酎は二日酔いしにくい」という話を耳にしたこともあり、焼酎に興味がわきました。

芋、麦、米の中でも初心者オススメは麦だそうで…。

確かに独特の香りがする芋なぞ、私にはきっと合うまい。やはりクセのない麦一択で行こうと考え、ある時の飲み会で麦焼酎を頼みました。

幸いにも、麦の水割りは、このメンバーで飲む時に2人ほど愛飲者がおり、ついでに頼みやすいというのもあります。

しかし困ったのが割り方。ここまで予習してない…汗。

水割り、お湯割り、ロック、いったいどれが飲み良いのか!?

とりあえず薄まる可能性が一番高いであろう水割りで飲んだのが、チューハイや梅酒でない焼酎単体デビューでした。

 

感想は、「ん?これイケんじゃね?」でした。

いやぁ、抵抗なくいけました。日本酒デビューの時ほどガツンとこず、かと言って甘いわけでもない。

それにボトルとグラスで来ることがあると、鍋奉行ならぬ焼酎奉行の人がいるので「薄め」「濃いめ」でと言えば調整されます。つまり割りの配分を変える方法があるのですよ。

最高なシステムじゃないですか!

ちなみに薄めていくほど当然ほぼ水です。

でも、これって悪酔いしないためにも間に水を挟むという飲み方に最適。

以来、ビール→焼酎麦→たまに梅酒やチューハイ→焼酎麦というコースが定着しました。

確かにビールばかりのときより、翌朝頭が軽く感じられます。

 

この冬は、初めてお湯割りにも挑戦しました。

お湯割りは「焼酎の風味が水割りよりも強く香る」と見たのですが、確かに口元に運ぶ前、湯気が立っているので鼻に香りがまず入ってきます。ですが、味は水割りのときと同等です。寒いとき、水割りにちょっと飽きたときなどはいいかも。

ロックは流石にほぼ原液ですので、まだ挑戦していません。

 

さて、ソフトドリンク系のお酒として、チューハイ(サワー)とハイボールがありますが、私はハイボールは炭酸で割ったものと勘違いしていました。割るものが違うんですね。

チューハイが焼酎の炭酸水で割ったものに対して、ハイボールウイスキーを炭酸水で割ったものの総称だそうです。

でもコークハイボールとか、青りんごハイボールとかいかにも手軽そうなメニューがありますからついつい頼みがちですが、ウイスキーベースなので薄いハイボールならともかく、ちゃんと割ったものだと結構酔いは早く感じます。(個人差あり)

 

通の人は、酒のアテ(肴)に合わせて飲む酒を変えてるようですが、私は食べるおかず(敢えてアテとは言わないのは、あくまで自分の中で食事のため)によって変えるわけではありません。

CMで流れているように、「唐揚げにハイボール」とか相性があるようですが、私は気にしない、というか違いがよくわからないので、全パターンの組み合わせが可能。

焼き鳥をおかずに白ご飯を食べて焼酎ということももちろん可能。

ワインでも肉なら赤、魚なら白というセオリーがありますが、ぶっちゃけ特に気になりません。飲みたいものを食べたいもので飲めばいいんじゃないでしょうか。

このあたりはきっとまだまだ飲み初心者なんでしょうね。それか舌がイカれてるかどっちかです。

 

この数年前からの飲み会は、ほぼ2軒目にカジュアルバーというかバールのようなお店を使うことがほとんどなのですが、その店で初めて見ました。

スプリッツァー」の文字。

しかもレモンスプリッツァー、グレープフルーツスプリッツァーのようにバリエーションがチューハイに似ているではないか…。

焦りましたが興味本位で頼んでみることとし、机下でコソコソとスマホで検索。

 

 【回答】・・・白ワインをソーダで割ったもの

 

また新種です。でも美味かったですよ。

 

現在、一番多く飲んでいるのが麦の水割りです。あわせてお冷を頼んで、ちょいとだけ薄めておく。

これで翌朝の負担も軽減。乾杯ビール以外にも嗜んでますよ感は一応出せます。

ちなみに、ビールをコーラで割った「シャンディガフ」というメニューもありますので、焼酎はちょっとという人にはお試しあれ。