曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

クルマの自動運転って要るの?

先日のディーラーでの定期点検の間、担当営業マンと雑談していたのですが、その時に考えながら思ったこと。

 

全自動運転って要るの?

 

ざっくり言い過ぎですね…。

各メーカーでしのぎを削る自動運転技術

今やヒトがハンドルを握ってクルマの走行を操作する時代が変わろうとしている過渡期にきているのかもしれません。

以前からの駐車アシスト(パーキングアシスト)機能や巡航制御機能(クルーズコントロール)に加え、いよいよ運転に関わるすべての操作をクルマがやってくれる「全自動」の時代に向かっています。

この前は某テレビ番組でベンツEクラスが、運転者が車外からスマホ遠隔操作により、縦列駐車を行うというシーンを放送していましたし、日産新型リーフでもボタン一つで乗ったまま駐車を完了させてくれるようです。

各社で若干の違いはあるものの、目指しているのはおそらくクルマのAI(人工知能)化でしょうね。

車内に乗り込み、siriみたいに「◯◯まで」と喋れば、後は寝ているとクルマが全部自動で計算、思考、操作して目的地までドアtoドアで移動できる。

運転が苦手、面倒くさいと言う人にはいいのでしょうが…。

でもこの機能って、昔からの運転好きには果たして必要なのでしょうか?

ハンドルを握らず、いやもしかしたら未来のクルマはハンドルレスかもしれませんが、それってもうクルマじゃないのでは?

下手すればタイヤすら付いていなく、地上版ホバークラフトみたいに浮いているのかもしれません。

ここで一言。

 

 

じゃあタクシーに乗ってるのと一緒じゃない?

クルマじゃなくて電車だよね?

 

 

まあ人それぞれクルマに求めるものって違うので、あくまで古臭い(?)側の人間の意見なのですが、「ドライブする」という言葉はきっとそれも含めての楽しみというかレジャーというか趣味というかそういうものなのかと。

それを根本から覆すような人間の開発する技術が逆光しているような違和感さえ思うのですが、言いすぎでしょうか。

 

アシスト機能は大歓迎

それでも、現状存在する人間の運転操作をアシスト(=補助)する機能は良いと思うんです。

例えば、駐車時でいうところの障害物接近を知らせるソナー機能、枠にきちんとはまるように導く機能、新しいところでは、駐車可能なスペースを探し出して教えてくれる機能。

巡航時では有名なアイサイトをはじめとした前車追尾型のクルーズコントロールやレーンはみ出し制御機能、衝突軽減・回避のための自動ブレーキ。

これらは事故を防ぐためのあくまで”補助”機能です。

最終的には人間が判断をして、「進む」のか「止まる」のか、もっと言えばその挙動に対して「GOサイン」を出して認めるのか。

一時的にもアシスト機能をOFFにすることもできますし、それもまた人間の判断です。

これって重要なことだと思うんですよね。

クルマ社会、交通インフラの中で「クルマを走らせる」という意義は、常に”自分で”という言葉がつきまとうのです。

 

私もオプションで付けてますが、従来からの「パーキングアシスト」。

・シフトレバーをRレンジに入れるとドアミラーが下を向く。

・バックモニターでリアが映し出される。

これだけでも十分アシストしてくれています。

本来なら手動でミラーの角度を調整し、ルームミラーや目視のみでしか確認できなかった後方視界をカメラを使って運転席にいながら確認できる。

本当に助かりますし、もし今これらの機能が付いていないクルマに変えろと言われたらイヤですし、もし次買い換えるクルマにも必ず欲しい機能だと思います。(それ以前にもはや次買い換える新車なら、これらの機能は当たり前もしくは飛び越えてもっと高度なシステムが付いているとは思いますが)

そして、これらはやはりあくまで「アシスト」なのです。それも「オール」アシストではない、「スマート」アシストだと思うのです。

 

メーカーは残してくれるか?

その昔、MT車AT車に変遷していったように、全自動の運転支援システムの時代が来た時に、メーカーは果たしてハンドル付き、アクセル、ブレーキ、ミラー(もしくはモニター)付きの従来のグレードを残してくれるのでしょうか?

そんな危惧を抱くぐらい、現在のクルマ技術は進歩しています。

今でも少数のMT派が「MTを選択できるようにして欲しい」と嘆くように、「ハンドルのあるグレードが欲しい」となるかもしれませんね。

未来は欲しい、けれどそうした不安は払拭されるのでしょうか?

それとも有無を言わさず国はたまた世界がそれを認めないのでしょうか。

とりあえずまだできるうちは、ドライブを楽しむとしますか。