曇り時々晴れ通信

出来事、考え事、独り言。

さて2018年はどうするか…

あけましておめでとうございます。

さて今年は…特に目標なども変わりなく立てる様子もなく…。

もともと備忘録代わりに始めていますので、自己啓発とか面白おかしく綴れる技量もございませんので、気の向くままに気の向いたときだけ好きなことをつらつらとというスタンスであります。

ところで、ここ約3ヶ月、諸事情により体重が増え(というか数年前に戻った)ので、やはり元に戻していかないとなとは思っているのですが、自己管理といえば手帳の話。

 

普段、夫婦でスケジュールを共有するため、「TimeTree」というアプリを使用しています。

【TimeTree】

timetreeapp.com

元々はGoogleカレンダーを使っていたのですが、シェアするとなるとどちらかのGoogleアカウントを公開することになり、プライベート部分が…。

と悩んでいたところに上記のアプリを発見し、今に至るのですが、そろそろ広告が表示されるとういう動きです。そりゃビジネスモデルですから、完全無料で使い続けるには、そういった部分も必要になってくるのでしょうね。

 

と、ここまではデジタルデバイスのスケジュールう管理の話でしたが、実は紙ベースのスケジュール管理もやってまして、いわゆる「手帳」ですね。アナログです。

これらを併用して、同じことを両方に記録しているのですが、それぞれメリット・デメリットがありまして…。まぁこの辺は特別なことではなく、ネットでググればザクザクと管理術やオススメ手帳情報なんか出てきますからね。

アプリでの管理の特徴

  • 複数で情報のシェアができる
  • スマホがあれば外出先でも家でもすぐ確認できる
  • 何度も修正が可能

手帳での管理の特徴

  • 手書きなのでやった(埋まった感が出る)
  • 俯瞰しやすい
  • (私の場合)持ち運ばないので、基本的に出先では確認も記入もできない

 

昨年は初めてNOLTYに手を出し、B6バイブルサイズの「エクリ」シリーズを使ってみました。

nolty.jp

週のページも時間軸のあるバーチカルにしてみたものの、使いやすいような使いにくいような感じが否めず、本当に予定を記録するだけ。「あ、ココとココは時間がかぶってるなー」というのがひと目でわかるぐらいでした。

 

その前は2005年あたりから「ほぼ日手帳」を使ったりしてました。ちょうど一人目が生まれて、育児記録などをぽつぽつ書いていたのですが、イラストがあるわけでもなく、空白のページも当然存在し、自己満足でしたが、実は数年後(つまり最近になって)見直す機会があり、「あー。こんなことあったなぁ」と思い出すのには最適でした。

しかし重いのと1日1ページという構成がプレッシャーになり、元々三日坊主ですから、お値段以上に活用しているとは言い難く、購入したはいいものの全く使わない年もありました。

それで会社の(といっても配布されるものではなく、自費で購入する)どこにでもあるような小さな手帳を使っていたのですが、小さい分、週末のミニバスの予定が書ききれない。ちなみに平日の仕事の予定はスカスカです。なぜなら営業職でもないので、別に書き込むほど1日や1週間のタスクがあるわけではないからです。

 

ということで前述のエクリにしてみたのですが、過去のぼぼ日手帳を読み返した時に、「日記はつけておくベッキー」かもという思いがよぎました。というのもやはり人間、過去のことは忘却していくのですが、きっかけがあれば記憶は甦るもので、書いていて得はなくても損はないということです。

で、再度ほぼ日手帳に手を伸ばそうとしましたが、また同じ負のスパイラルになるのを恐れ、似たような構成の「NOLTY U365」を買ってみました。

nolty.jp

届くとヘタするとほぼ日手帳より厚い感じですが、不要な一日一言もなく、日記と言う面では重宝しそうです。(※本日現在まだ真っ白)

 

これを購入したのは昨年11月なのですが、1月からちゃんと使えるのか不安だったので、保険としてまたNOLTYになりますがエクリシリーズの別のものを追加購入しています。

商品詳細ページ | JMAM eショップ手帳の店 | 2270:NOLTY エクリB6-4(ブラック)

これは昨年使っていたものの週ページがメモタイプな仕様なので、「ちょっとした日記なら書き留められるかも」と思ったわけです。

実はこの週間メモタイプが一番好みに合っていると思っていて、時間管理の生活ではない以上、ビジネスビジネスしているタイプは向かないのです。

 

本当は、家族の予定を一気に管理できるものがあればいいのですが、それはママさん向けでの商品が出回っており、表紙がラメやヘビ革チックなものだったり、近年の少子化を受けて、4人までの記入欄といったものしかなく、子ども3人の我が家の事情から、候補外になります。

 

そう考えるとTimeTreeやGoogleカレンダーのようなものが一番複数人管理という面では機能を満たしてはいるのですが、味気ないのが一番あります。

 

ここまで取り留めなく、しかも新年の話が手帳の話にすり替わりましたが、次回はペンについてでも言及しようかなと。