読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニバス観察日記

息子が入部して以来ミニバスの世界を体験中。その出来事、考え事、独り言。

年間通してアシスタントした去年を振り返って

2015年度は長男が5年生になっていて、当時6年生が15人に満たなかったために、上のメインチームに入れてもらっていました。

なので私もメインチームのアシスタントコーチとして帯同していたので、去年の感想をざっくり記そうと思います。

 

去年の6年生は背の高い(と言っても他チームにはそれより高い子がいるレベル)が3人いましたが、ガード陣とセンター陣の連携がマズくてあまり機能しませんでした。チームの成長曲線としては、春先に先にピークを迎えてしまって、夏に向けてダウンし、秋にやや盛り返したという印象です。伸び悩みというやつでしょうか(^^;

中でもクセのある子が数人いて、ぶっちゃけその子らで試合を潰したことも結構ありました。思い通りにならないことにすぐ感情的になり、チームに迷惑をかける…保護者の方もずっともどかしかったんではないでしょうか。教えても教えても直らない、というか同じ失敗を繰り返すので、HCも起用しづらかったと思います。

そんな中でも一番印象に残っているのが、春から夏にかけてよく対戦する某チームがありました。なかなか強敵で、対戦の度に負け続けていたのですが、最後の大会でリベンジ成功!

このときは試合終了のブザーがなった瞬間、ベンチ総出で「ワーッ!!」っとガッツポーズで盛り上がりました。本当によくやったと思います。

でもオチとして、次の対戦相手に勝てば県大会というところで、あっさり負けてしまいました(^^;

 

年間通じてアシスタントコーチをさせてもらって感じたことは、試合前に子どもたちをしっかり準備させることの難しさです。

アップはもちろんするのですが、最終戦のあのときガチガチに緊張していたとか、後日談で聞きます。

何より気持ちの持って行き方が難しくて、鼓舞しても応えてくれるわけでもなく、かといって放任にもできないという…。

朝イチの試合では、テンションダレダレのことも多く(脳がまだ寝ているのか?)、格下に負けることもしばしば。

で、迎えた同じ日の2試合目では見違えるほどの動きを見せるという(-_-;)

同じチームとは思えない、安定感のなさがウリでした(笑)。

 

3月の卒部式では、夏合宿や遠征に行ったいろんな思いでの写真が流れて、年甲斐もなくウルウルしてしまいました…。

 

ウルウルで思い出しましたが、ミニバスでは女子はともかく、男子でも試合中に泣く子は割りと多いです。(笑)

きっと悔しいのでしょうね。