読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニバス観察日記

息子が入部して以来ミニバスの世界を体験中。その出来事、考え事、独り言。

年間通してアシスタントした去年を振り返って

2015年度は長男が5年生になっていて、当時6年生が15人に満たなかったために、上のメインチームに入れてもらっていました。

なので私もメインチームのアシスタントコーチとして帯同していたので、去年の感想をざっくり記そうと思います。

 

去年の6年生は背の高い(と言っても他チームにはそれより高い子がいるレベル)が3人いましたが、ガード陣とセンター陣の連携がマズくてあまり機能しませんでした。チームの成長曲線としては、春先に先にピークを迎えてしまって、夏に向けてダウンし、秋にやや盛り返したという印象です。伸び悩みというやつでしょうか(^^;

中でもクセのある子が数人いて、ぶっちゃけその子らで試合を潰したことも結構ありました。思い通りにならないことにすぐ感情的になり、チームに迷惑をかける…保護者の方もずっともどかしかったんではないでしょうか。教えても教えても直らない、というか同じ失敗を繰り返すので、HCも起用しづらかったと思います。

そんな中でも一番印象に残っているのが、春から夏にかけてよく対戦する某チームがありました。なかなか強敵で、対戦の度に負け続けていたのですが、最後の大会でリベンジ成功!

このときは試合終了のブザーがなった瞬間、ベンチ総出で「ワーッ!!」っとガッツポーズで盛り上がりました。本当によくやったと思います。

でもオチとして、次の対戦相手に勝てば県大会というところで、あっさり負けてしまいました(^^;

 

年間通じてアシスタントコーチをさせてもらって感じたことは、試合前に子どもたちをしっかり準備させることの難しさです。

アップはもちろんするのですが、最終戦のあのときガチガチに緊張していたとか、後日談で聞きます。

何より気持ちの持って行き方が難しくて、鼓舞しても応えてくれるわけでもなく、かといって放任にもできないという…。

朝イチの試合では、テンションダレダレのことも多く(脳がまだ寝ているのか?)、格下に負けることもしばしば。

で、迎えた同じ日の2試合目では見違えるほどの動きを見せるという(-_-;)

同じチームとは思えない、安定感のなさがウリでした(笑)。

 

3月の卒部式では、夏合宿や遠征に行ったいろんな思いでの写真が流れて、年甲斐もなくウルウルしてしまいました…。

 

ウルウルで思い出しましたが、ミニバスでは女子はともかく、男子でも試合中に泣く子は割りと多いです。(笑)

きっと悔しいのでしょうね。

今でも思う疑問

そんなこんなで現在はアシスタントコーチ2.5年目ぐらいになりますが、いよいよテーマに即した内容になっていきます(?)

 

さて、大前提としてミニバスには「友情・ほほえみ・フェアプレー」のスローガンが掲げられているのですが、この「ほほえみ」部分があまり浸透していないような気がします。

 

他チームのコーチの感情的な声がコワい

バスケに限らず、小学生スポーツでもそういうシーンは多々あるようですが、結構年配の(場合によってはおじいちゃん手前のような)方に多いような感じもします。

まさに「闘志なきものは去れ!」みたいな、高校野球の強豪校ドキュメンタリーに出てきそうなコーチ。小学生相手に怖すぎる…。

でも、それに対して子どもたちが臆することなく、ビシっと統率が取れているところは、強豪と呼ばれて結果もついてきていたりするので、一概にダメ!とは言い切れないところがジレンマです。

確かに自分が学生のときは、まだそういう指導というか体罰まではないけど、良く言えば「熱い」悪く言えば「口が悪い」コーチはいました。でも今は時代が変わり、そういう風潮をなくそうとしているのですが、やっぱりいますよねぇ。

もちろん暴力なんて論外ですが、言葉の暴力は限りなくグレーのまま。コーチと部員での関係にもよりますが、それで「強くなる」と互いに理解しあえているかどうか、納得できているかどうかでしょうか。

かといって、スラムダンク安西先生みたいに、ニコニコしたまま試合中ずーっとお地蔵化しているのも盛り上がらないですけどね(^^;

姑息なプレーをする子もいる

ミニバスとはいえスポーツ競技なので、勝ち負けは当然あります。競技ルールがあり、それに則ってプレーするのですが、反則スレスレを分かっててやっている子や、見えないところでズルいことをしている子もいます。ある意味賢いとは思うのですが、表向きミニバス精神にはそぐわないのです。

例えば1点差で勝っていて、残り5秒になり、ルールを逆手に取ってボールを抱え込んでコートにうずくまる子は、戦略的に賢いと同時に、負けてる側からしたらトラウマになるぐらい強烈な印象を残します。

将来的にどう影響するのか…。これはよくわかりません。

また、故意に審判の死角でイリーガルな手を使っている子もいます。笛を吹かれ始めるとピタッとやめるのでよくわかります。(笑)

保護者のスタンスがまちまち

これはもうその子、その家庭の問題なのですが、勝利至上主義歓迎の親もいれば、我が子がコートで下手なりにバスケをプレーしている姿で満足する親もいます。子どもの楽しそうな顔が見たい一方で、冴えないプレーにコーチばりに怒ってる親もいます。

でもそんな集団がミニバスなのです…。

これを取りまとめるのがどんなに大変か…。

 

言い方が多少良くないのですが、所詮小学生がやっていることなので、ミスもあれば求めていることになかなか応えてくれない子もいます。大目に見るという寛容な姿勢が結構必要なのかなと思います。

そんなこんなでアシスタントコーチ化

現在はヘッドコーチが2名おり、いわゆる「父親コーチ」として試合ではベンチに、練習では、プレーごとや個別に一声かけたりしています。

最初、ベンチ入りは遠慮していたのですが、なし崩し的に座るようになってしまいました。

アシスタントコーチでお手伝いしていて、今でも心がけていること…。

ヘッドコーチの方針に異を唱えない

例えば正反対のことを言うと子どもたちは混乱します。ただし、コソッと自分の考えを少し散りばめたりします。

タイムアウトではヘッドコーチの声が優先

これも当然といえば当然。1分間しかないタイムアウトで、しゃしゃり出るのはよくありません。

メンタル的なフォローも

時にコーチから、激しい言葉や叱咤が跳ぶことがあります。人間なので感情的になることもありますが、結構見た目大丈夫そうな子が、意外とそれで凹んでたりします。

そういう場合はゆっくり時間をかけて、「こういうことを言ってるんだよ」とか「君はあのときどう考えたの?」とか話し合います。

 

これ以外にもイロイロとあるのですが、全部こなすのは難しいので、気づいたときにできることをやればいいかなぁと思っています。

バスケ自体のルール、システムの変化に浦島太郎状態でした

ミニバスに関わると、ミニバスのルールが気になるところですが、それ以前に自分が高校でやっていたときと、ルールやシステムが変わっていることをこの時知りました。(世代がバレそうですが…。)

ミニバスのルールは、ネットでもいろんなところで紹介されているのでそちらを参照していただいて、私が知らなかったことを列挙してみます。

前半、後半のハーフ制ではなく、4クォーター制

確か高校のときは、前半20分、後半20分でやってたはず。当時からNBAを見ていたので、4クォーター制には馴染みがありましたが、日本でも導入されていたとは!

ジャンプボールが試合開始のときの1回のみ。謎の矢印が存在した!

同じく高校でしていたときは、ボールのつかみ合いになると、一番近いサークル(センターサークルorフリースローレーンサークル)でジャンプボールをしていたのに…。

現在は、ティップオフで最初に保持したチームと逆のチームから順番に交互にスローイン権利を示す「ボゼッションアロー」なるものがTO席に存在し、つかみ合い(ジャンプボールシチュエイション)やクォーターの開始時になると、それに従って順番にスローインが回ってくるシステム。

わざとヘルドボールにして、身長差でジャンプボールに勝ってマイボールにする作戦が使えない!(笑)

ショットクロックが24秒になってる

このへんは、クォーター制と同じく国際がNBAに合わせてきたのかなと思って、そんな違和感はなかったのですが、実はミニバスは30秒制のままです。

バックパスのヴァイオレーションがない

コートを広く使える…のならいいですが、昔からの習性からか子どもたちがハーフライン付近でゴタゴタし出すと、内心ザワザワします。(笑)

3ポイントシュートがない

大人用のコートを使うことがほとんどなので、3ポイントラインが引かれていますが、その外側からショットして決めても2点です。つまりはフリースロー以外はすべて1ゴール2点。3点を一気に取りたいときは、バスケットカウントワンスローを決める他ありません。

 

当然今はもう慣れてますけど、最初はこれらについてが軽いカルチャーショックでした。

保護者からお手伝いへ

入部して2年ほど、つまりは長男が2年~3年生のときは、一保護者として練習やごく偶にある試合に付き添っていたのですが、毎年2月ぐらいにある部員と保護者チーム、コーチチームで試合をしまくるイベントに当然のごとく(?)参加し、バスケ経験者ということが露呈。いや、別に隠していたわけじゃないけど…(^^;

 

ちょうど男子チームのコーチが手薄ということもあり、「どうですか~?」みたいな声をかけていただくようになります。

 

そして次年度当初の保護者会でも「経験者のお父さん、お母さん方、ぜひ!」というアナウンスもあり、そのときの突き刺さるような視線に負け(?)、「お手伝い程度なら…」ということで、練習補助的な感じで加わることになりました。

 

と言っても既にミニバス指導経験豊富なコーチがいらっしゃるわけで、自分が10代の頃していたバスケの経験と知識が使えるのかどうか不安になりながら、週末はTシャツとジャージに着替えて、小学校体育館にある舞台からコートに降ります。

入部後

長男がミニバスを始めたのは2012年。

男子チームの部員数が多くなってきたので、2つのグループを3つに区分し直した時期でした。

長男は当然学年も経験も一番下なので、3つ目のグループで練習。ボールハンドリングを中心とした、半分お遊びの練習(だったような?)気がします。

それでも嫌がることなく、毎回体育館に親子で足を運びました。

バッシュとボールも意気込んで用意(=購入)し、あれやこれやと吹き込んだ記憶もうっすらあります。

 

はじめに

私自身、中高と部活でバスケをしていて、大学ではサークルバスケをしていたのですが、結婚して子どもが生まれ、小学校にあがったときに「何かスポーツをするのかな?」程度にしか思っていませんでした。

特に強制をした覚えはないのですが、当時はまだちょこちょこNBAをテレビで見ていたので、その影響もあってか、「バスケがしたい!」とのことで、通っている小学校で週末にやっているミニバスチームの見学に行ったのが最初でした。

ちっちゃい子から割りと大きい子まで、2つのグループに分かれて練習していて、もちろん上手な「へぇ~」と唸るような子もいました。

ただ、募集は小2からとのことで、その日は見学のみ。新学年を迎えてから体験入部を経て、正式に入部となりました。